susowakiga-top-03

摩擦などの刺激でデリケートゾーンの黒ずみができる理由

デリケートゾーンが黒ずむのは摩擦などの刺激が原因です。肌は過度な刺激を受けるとそれから肌内部を守るために防御策がとられます。その一つがメラニン色素の発生です。

これによって刺激から肌を守るわけですが、その結果黒ずみとなるわけです。

 

肌内部を刺激から守るための防御策

デリケートゾーンの黒ずみの原因が下着などの摩擦といわれています。デリケートと言うように肌自体が弱い部分なので、日常的に下着やボトムスなどに覆われているわけですが、なぜ摩擦によって黒ずんでしまうのでしょうか。

私たちの肌は層構造をなしています。一番外側から角質層、真皮層、そして皮下組織となっています。一番外側の角質層は肌内部を守るためのいわばバリア機能を果たしています。

ターンオーバーと言って28日周期で古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるのはよく知られていますが、これも肌内部をダメージから守るためなのです。

デリケートゾーンが摩擦によってなぜ黒ずむのかに戻ります。サイズの合わない下着を身に付けることで肌とこすれます。こすれは肌にとって大きなダメージとなります。

そこで肌内部を刺激から守るために発生するのがメラニン色素です。これによって肌内部が深刻なダメージを受けずに済むわけです。

本来であればこのメラニンはターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられて最終的に垢となって排出されますが、加齢やストレスなどによって周期が乱れることで肌内部に残ったままとなり黒ずみとなるのです。

そうなるとデリケートゾーンの黒ずみをなくすには、摩擦の原因である下着を身に付けないことになりますが、今の社会ではそれは無理です。

 

それではどうすべきか・・・・・

 

それは下着のサイズと素材を見直すことです。小さすぎる下着によって摩擦が起こるので、自分のサイズに合ったものを身に付けることです。

さらに素材にも気を付けましょう、化学合成繊維は肌によくありません。そこで肌に優しいオーガニックコットンやシルクなどの天然素材を選ぶといいでしょう。


コメントは利用できません。