pants-kibami

そもそもデリケートゾーンの黒ずみの気になる原因って?

女性の抱えるデリケートゾーンの黒ずみ、とても深刻なコンプレックスとなってしまっていることも多いといわれています。この原因は、下着や衣類による圧迫や摩擦、年齢によるターンオーバーの乱れやホルモンバランスの崩れだといわれています。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因は様々

女性の大半が悩んでいるといわれているデリケートゾーンの黒ずみ、不潔っぽく見えてしまったり、異性関係が派手だという根拠のないイメージを抱かれてしまうことも多く、誰にも相談できず、一人思い悩んでいる方も少なくありません。

色黒、色白という言葉があるように、皮膚の白さには個人差がありますが、デリケートゾーンに関しては常に下着や衣類による締め付けの圧迫を受け、トイレットペーパーやおりものシート、ナプキンなどによる摩擦やかぶれ、下着と肌の摩擦などでメラニン色素が沈着することで、黒ずみが出来てしまいます。

また、不規則な生活や食生活の乱れなどによって、ホルモンバランスが崩れてしまったり、加齢とともに皮膚のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうことも原因の一つだといわれており、古い角質が排出されずにずっと肌表面に残っていると、黒ずみだけでなく、肌を乾燥させたり硬くなる要因にもなり、角質が厚くなりブツブツしてしまうこともあります。

加えて、洗い方やムダ毛の処理などが原因となってしまっている場合もあり、タオルでごしごし洗ったり、肌に合わない洗浄剤やクリームによる肌トラブル、カミソリ脱毛などで、メラニンを発生させ、色素沈着が起きやすくなってしまっていることもあります。

つまり、お肌がダメージを受け、自らを守ろうとメラニン生成が過剰になってしまっている状態なので、メラニンの生成を抑えながら潤い成分をたっぷりと与えて、お肌を整えてあげることが大切です。

デリケートゾーンの皮膚は他の部位に比べると、もともと薄く弱いので、できるだけ刺激を与えないようにすることが大切で、下着のサイズや素材にも気を付けなければなりません。


コメントは利用できません。

関連記事